歯科衛生士など歯科業界のWEB人材紹介サービス大手、ファーストコネクト(本社・札幌市中央区)は、看護師に特化したWEB人材紹介サービス「ファーストナビ看護師」を本格始動した。歯科・介護業界に次ぐ同社の事業の柱に育成する。


(画像は、「ファーストナビ看護師」のメインビジュアル)

 看護師の人材不足は、社会問題となっており、2025年には約27万人の看護師が不足するとされている。人材不足の要因の一つに、求職者への情報提供不足が挙げられている。人手不足の医療機関では、求職者に適切な情報が届いておらず求職者が知りたい情報にアクセスできていない実情がある。

 看護師のWEB人材紹介サービスの市場規模は年間約330億円とされ、成熟市場とされているが、ファーストコネクトは看護師紹介による医療機関との顧客接点を拡大していけば、医師やコメディカル(薬剤師や理学療法士、放射線技師など医師・看護師以外の医療従事者)領域にも展開可能となると判断、新規参入することにした。

 同社が保有蓄積しているWEBマーケティングのノウハウを生かすほか、以前から大手看護師紹介企業の集客をアシストしていた実績も有効に使う。また2016年より開始した介護職のWEB紹介事業で、病院や介護施設との関係も構築していることも優位に働くとみている。ファーストコネクトの宮副俊彦社長は、「看護師の人材紹介は、社会的な要請も強く、価値のあるサービス。既存事業で培ったノウハウを活用し、看護師紹介で早期にシェアを獲得して新しい価値創出を実現したい」と話している。


引用元:ファーストコネクト、看護師特化のWEB人材紹介サービスを始動